2018/02/23

マインドフルネス ・メディテーションとは?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
俳優。メディテーター。 本質行動学、認知科学、コーチング論がライフワーク。 映画や舞台観劇、読書のほかに、旅することと、落語や講談を聴くことが好き。 こちらは個人アカウントです。 もしよかったら覗いてみてくださいませ( ͡° ͜ʖ ͡°)
詳しいプロフィールはこちら

 

最近、耳にすることが多くなった「マインドフルネス・メディテーション(瞑想) 」

 

 

Google社が瞑想を取り入れていることは、

ご存知の方も多いと思いますが、

アメリカではZen room (瞑想部屋)を

取り入れている企業が増えています。

 

マドンナ、ミランダ・カー、クリント・イーストウッド、ジェシカ・アルバ、

そしてアップル創業者のスティーブ・ジョブズが

瞑想の実践者なのも有名なお話であり、

ビジネスマンやアスリートたちにも実践者は多く

名前を挙げたらきりがありません。

 

 

では、実際、きちんと広まっているかと言えば

残念ながらそうではありません。

ここでは

 

「マインドフルネス ・メディテーション」?

「メディテーション?瞑想?違いは?」

「ヨガとは違うの?」

「これって宗教?」

「サイトや本や人によって言うことが違う!」

 

 

そんな、もやもやを解消すべく

 

そもそも「マインドフルネス ・メディテーション」とは

なんなのかをお伝えいたします。

 

 

 

マインドフルネス・メディテーションとは?

 

 

「マインドフルネス 」は「今ここ」にいる状態の英訳です。

「メディテーション」は「瞑想」の英訳です。

この瞑想方法は、宗教色を一切取り払った瞑想法と言われています。

何故かと言うと、

元を辿れば「ブッディズム(仏教)・メディテーション」なのですが

「仏教」を学ばずとも、化学的に脳の形状が変わると言う根拠が

証明されているからです。

 

元々、日本は仏教国ですが、

色々な経緯でアメリカに渡り

逆輸入の形で、現在、日本で流行り始めています。

 

 

ヨガとの関係は?

 

「ヨガ」と混同する方も多いと思いますし

「マインドフルネス・〇〇」と

新しい言葉が次々に出てきていますが

「ヨガ」は「動くメディテーション」と言われることもあり

とても密接な関係です。

「マインドフルネス・〇〇」と言うのは

「マインドフルネス」の理論を使った活動のことを指しています。

 

 

 

これは、結局のところ宗教なのか?

 

ヨガや瞑想を入り口とした事件がある現実により

「ヨガ」は近年メジャーになっているので、まだしも

「瞑想」と聞くと

日本では、「ちょっと怖いな」と

アレルギーになっている方も多くいるかと思います。

 

「瞑想」と言ってもたくさんの方法や理論、

宗派が存在しています。

その中の一つ

「マインドフルネス・メディテーション 」

と言う概念も

場所によって実は少しずつ違う場合があります。

 

正しい方法を学べずに

うまくいかなかった方も

多くいらっしゃるかと思います。

 

ここでお伝えしている方法も

宗教色を一切取り払っている瞑想法とはいえ

もともとは仏教の瞑想法です。

また、日本では

いたるところに仏教概念が隠されています。

なので、概念をゼロにしてお伝えする事の方が

難しいかもしれません。

 

 

「気をつけて行ってらっしゃい」

と言う言葉や

「靴を並べる」

なんて行為もその一つ。

 

ちなみに、仏教はアメリカでは一つの学問だと言う考えが

メインとなっています。

 

 

実際に私がお伝えしている方法は

チベット仏教のカギュ派の理論です。

 

この宗派は

1000年前から

その時代の現実社会をよりよくするために

発展してきた瞑想法です。

なので、2018年、現代を生きる人の生活をよりよくするための

瞑想として、受け継がれています。

 

瞑想は必ず、5代遡れる宗派の理論でないと

危険な可能性もあると言われています。

それは、間違えて伝えている可能性があるからです。

ヨガ自体やヨガ中に行われる瞑想も、

もちろん理論を確認した方がいいこともあるかもしれません。

 

 

本屋さんに並ぶ本の中にも

アメリカから逆輸入された

「マインドフルネス・メディテーション 」

の説明の翻訳が間違えているものもあると聞きます。

 

なので、どこの宗派の理論か

確認する事をお勧めしています。

 

 

よって、

全く宗教ではないのか?

と言われたら、ゼロとは言えないのですし

エンターテイメントだって「宗教」だと

言えることもありますから

もちろん、それぞれの概念によりますが

 

世間で心配されている

事件性を含んでいたり

過剰な表現で騙すようなこともありません。

 

むしろ、ここでは

現実社会にどう活用するかが

1番の目的ですので、

「トランス」する目的の方には

合わないかもしれません。

根本的な目的には向き合える手法ではありますが

ここでは割愛させていただきます。

 

なので、心配されるような

「宗教」の概念は「瞑想」自体にはありません。

 

 

もし、何かおかしいなと感じる講師であったり

環境であったのなら

その方がどの理論で教えているのかを

きちんと調べる事をおすすめします。

脳(心)のことですので、

大切にしてください。

 

しかし、決して「瞑想」自体が悪い訳ではないので

誤解が無いことを願っています。

 

 

また、ここでは誤解が生じやすいため

「瞑想」ではなく「メディテーション」と呼ぶことをおすすめしています。

 

何故、こんなに効果が高いのか?

 

集中力、直感力、洞察力、五感力を育て、ストレスを軽減しながらパフォーマンスを上げる。

と言われている

このメディテーション。

 

え、ほんと?

そんなに?

 

と疑いたくなりますよね。

でも、

これは

魔法使いになる訳ではなく

 

人が「10」持っている各機能が

ストレスなどにより埃が被って

「5」や「7」などになってしまっている状態から

お掃除してあげて

「10」に戻す作業なんです。

なので、元々持っている状態に戻る

というのが正しい解釈。

 

そして、

それが、「11」や「12」になる可能性だってあるんです。

 

最近、日本で流行りはじめ

学問としては、まだまだ若い「マインドフルネス・メディテーション 」

 

ですが、

世界では「1000年前から流行ってる」のです。

 

 

 

高価な道具も要らず

全てのことに対応可能な

本質の中の本質です。

 

「ストレス」や「不安」「恐怖」など

この言葉たち自体は一切悪くありません。

何故なら、これが無いと人間は生存できないからです。

 

現代の病の原因は、それに取り憑かれてしまうこと。

 

その原因となっている

自分自身の思考に取り組む手法です。

 

理論、または化学根拠的にも

とてもシンプルなんですね。

 

ここでお伝えしているメディテーションは

自分の思考パターンを知る。

そして、今に戻る。

ジャッジしない心を育む。

そんな練習です。

 

それだけで、

大抵の問題と連動しています。

 

体験しながら

自身で実感しないと

わからないことも多いと思いますが

とても、理に適った手法なのです。

 

 

 

【マインドフルネス・メディテーション × パフォーマー】とは?

 

最後にこちらでお伝えしている

「マインドフルネス・メディテーション×パフォーマー」とは?

をお伝えさせてください。

 

 

 

生活や仕事を向上したい人はアスリートと同じです。

心・技・体と言われる世界で大事にされている「心」いわゆる「脳」のこと。

 

ニューヨーカーの間で40年以上支持されている正統なマインドフルネス・メディテーションを通して、在りたい自分、または生活向上、パフォーマンス向上のためにどうリンクさせたらいいかを、こちらでは、18年パフォーマーとして生活してきた視点も加えてお伝えしています。

ストレスやうつ症状軽減に加え、集中力、五感力、判断力、洞察力そして優しさが育まれるこの手法。

科学的にも証明されています。

自分自身で自然に目標に向かっていける

最高の道具です。

何歳からでも始められます。

 

 

体験してみたい方は

こちらから、work shop告知メール登録をしてくださいね(* v v)。 

 

【Mindfulness Meditation for Performer Work Shop お知らせ】メール

 

work shop でも、ゼロからわからないところは何度でも

お伝えしています。

ストイックな人からふんわりした人まで

気さくにワイワイやってます。

興味のある方は、スペシャルモニターも是非。

期間限定でやってます。

スペシャルモニター募集についてはこちら

 

プロフィール

堀内かな

個人アカウントはこちら

15歳の時にストリートダンスを始め、舞台、テレビ、ラジオ出演、バンドのコーラス、振り付け師、インストラクターとして活動。

10代の時から単身渡米を繰り返し、現在はアメリカ永住権を取得している。 一年間の保育園ボランティアを経て、ハワイにて半年間住み込みベビーシッターをしたり、14カ国をバックパッカーするなど海外で多くの時間を過ごす。

29歳の時に俳優を志し、現在は、舞台を中心に活動。パフォーマーとして、多くの集中力、創造力、精神力を要される中、本質と向き合う様になり、自分で自分の壁を越え続ける道具としてマインドフルネス・メディテーションと出会う。

エミー賞を複数回受賞し、グラミー賞に複数ノミネートされた作曲家/ 音楽プロデューサー/ギタリストでもあり、ニューヨークを拠点に世界的に活躍しているメディテーション指導歴40年以上のDavid Nichternに師事する。

True Nature Meditation 指導者養成プログラム修了。

正統的なプラクティスの継続で、パフォーマンス、生活共に、一変した事実により、必要としているひとたちへの普及に貢献している。

 

※Work Shop、また個人セッション、オンラインセッションなどについて、ご質問がある場合はひとつひとつお答えいたしますので、ご安心ください。

 

 

お問い合わせはこちらへ。

 

 

 

※精神疾患がある方はお医者様の同意書を提出していただく場合がございます。

また、申請せずに、途中で発覚、または症状の悪化が起きた場合は責任を追い兼ねますのでご了承ください。本来、このマインドフルネス・メディテーションプログラムは正しく坐っている限り副作用は無いに等しいと言われていますが、元々症状のある方はお医者様に相談されますようご協力よろしくお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
俳優。メディテーター。 本質行動学、認知科学、コーチング論がライフワーク。 映画や舞台観劇、読書のほかに、旅することと、落語や講談を聴くことが好き。 こちらは個人アカウントです。 もしよかったら覗いてみてくださいませ( ͡° ͜ʖ ͡°)
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Mindfulness Meditation × Performer , 2018 All Rights Reserved.