2018/01/02

こころの筋トレ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
俳優。メディテーター。 本質行動学、認知科学、コーチング論がライフワーク。 映画や舞台観劇、読書のほかに、旅することと、落語や講談を聴くことが好き。 こちらは個人アカウントです。 もしよかったら覗いてみてくださいませ( ͡° ͜ʖ ͡°)
詳しいプロフィールはこちら

メディテーターになって、ようやくもうすぐ一年。

まだまだひよっ子です。

 

ただ、最近、いろんなことが、なんとなくからどんどん大きく変わりはじめているのを感じて

文字にしないもったいなさに気付いたので、文字にします。

 

ゆるゆるおつきあい下さると嬉しいです。

 

わたしが実践しているのは、マインドフルネス。

 

マインドフルネスって、で、結局?ん? って思う方もいるのでは。

 

簡単に言うと「こころの筋トレ」

わたしが聞いたことばの中で、しっくりいくものの一つがこれ。

 

グーグル先生に聞けば、専門的な答えはいっぱい教えてくれるけれど

じゃあ実際何するの。どうするの。で、どうなるのさ。

って言うところ。

 

集中力が上がります。とか、うつ軽減しますとかいろいろ書いてあるけど

ひとそれぞれ、こういう状況でこうできるようになりたい、とか、そこまでじゃないけどなんとなく興味があるとか十人十色なはず

なので、これから書いていく中で、何かしらピンとくるものがあったら嬉しいなと思います

 

 

 

今日は、わたしのことについて書きたいなと思います。

 

わたしが、マインドフルネスを知ったきっかけは「断食」をしに行った環境に置いてあった本を読んで。

そもそも断食をしに行ったきっかけは、アトピーの改善でした。

胃腸がちょっぴり弱いわたしは、何か強い出来事があると胃腸に一直線。

荒れ放題になります。

 

だから、ありとあらゆることを試す中でやりたかったのが断食です。

すごくその環境も良くて、ひとも優しくて、そんなときに出会った本なので、

すんなり入ってきました。

 

ストレス軽減として、ダイエットとして

そんな効果もあるよと。

で、気になったので、自宅へ戻ってから改めて本屋さんに行きました。

やってみたいなと。

 

でも。

 

でも。

 

 

本がいっぱい。

 

なんだかいっぱいありすぎて。どれを手にしていいかわからず、結局その日は帰宅しました。

 

最初に間違えて覚えるくらいなら、やり方をちゃんと教わろうと思ってインターネットで探し、

たどり着いたのが、デイビッド・ニックターン先生です。

彼はN.Yのひと。そして音楽もやってるひと。

 

ピンときてから、もうすぐ一年です。

 

「心の強さと優しさを育む」をテーマにされていますが、

 

今でこそ思うのは、まちがいなくそれを伝えている環境。

 

最初は、ただただ、うん。学びたい。と。

 

一見めちゃくちゃシンプルなのに、何をそんなにいっぱい学ぶことがあるんだと思ってましたが

なめてました。 (• •*)ゞ

 

いっぱいあった。

 

学びたくなってしまった。

ただただ面白いんですもの。

日々への活用度が、時間を重ねた分だけわかるという、なんて不思議な。

 

学べば学ぶだけ、すごい武器だなって思います。

本質ってこういうことなんだなーって、

 

お魚ではなく、お魚の釣り方ってこういうことを指すんだなの原点だと思います。

 

だから、ちょっとはじめのうちは時間がかかるかもしれません。

筋トレだから。

 

でも、わたしの先生含め、周りの先輩がたも「大丈夫」しか言いません。笑。

 

ちゃんと実践して勉強してたら大丈夫。

 

って。

 

で。

 

うん。ほんとそう。と思っています今。

 

だから焦る必要もなくて

 

だって筋トレだから。(なんども言う (• •*)ゞ )

 

筋トレの方法を知っても、1にちでムッキムキになれると想像するひとはいるのでしょうか。

 

でしょ?だから、焦る必要はないのです。

 

 

正しい方法でこつこつトレーニングして、イイ身体をつくる。

その「こころ」バージョン。

 

 

とはいえ、まあ実際何をするのかと言いますと

「座って、呼吸に意識を置いて、思考が浮かんできたら呼吸に戻る。」

この繰り返し。

 

さて、こんなシンプルなことにどれだけのワクワクが秘められているのでしょうか。

いま、書いてて改めてびっくりしますネ。

ほんとやってることはシンプルなんだなって。

 

はじめのうちは筋肉がついていることすらわからなかったけど、

ある日、ふと、「あ。」って気付くのですよ。

 

普段、やってることが全部繋がってるって。

しかも、未来でもなく過去でもなく「いまここ」に居ることの大切さとかもリンクして。

面白くなっちゃったんですね。

 

現実を明るく楽しくまっすぐ生きている方々が同じ学びの場にいてくれたおかげで、ああ、こりゃ楽しいわってなりました。

 

「きつすぎず、ゆるすぎず」と言われるのですが

環境がまずそう。

 

干渉はされないですが、ある意味厳しいです。

 

 

何をするにも、やり方も環境も大事だなと思います。

間違った方法はして欲しくないので、この日記でもことばは選びたいなと思いますが

筋トレもトレーナーによって、アプローチは違うし性格も違うし

一生ものの大切な「こころ」だと思うので、

 

もし、先生を探す日が来たら、ピンと来る先生のもとでプラクティスをしてほしいなと思います。

なぜなら、もしかしたら

これから長いおつきあいになるかもしれない。

 

んーそんなこともないかもしれない。笑。

 

でも、せっかくだったら、時間も日々限られているわけだから

したい人生にするために、大好きな先生を見つけてください。

 

 

ここでは、ありのままに

わたしなりの「気付き」というものを書いていけたらなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
俳優。メディテーター。 本質行動学、認知科学、コーチング論がライフワーク。 映画や舞台観劇、読書のほかに、旅することと、落語や講談を聴くことが好き。 こちらは個人アカウントです。 もしよかったら覗いてみてくださいませ( ͡° ͜ʖ ͡°)
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Mindfulness Meditation × Performer , 2017 All Rights Reserved.