2018/01/02

ひとは〇〇を使いたくて旅に出る?!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
俳優。メディテーター。 本質行動学、認知科学、コーチング論がライフワーク。 映画や舞台観劇、読書のほかに、旅することと、落語や講談を聴くことが好き。 こちらは個人アカウントです。 もしよかったら覗いてみてくださいませ( ͡° ͜ʖ ͡°)
詳しいプロフィールはこちら

「何故、人は旅が好きなのか」

先日、とあるメディテーションの本を読んでいてピンときたことがあったので

書き留めておこうと思います。

 

 

私は2017年の夏に南アメリカをバックパッカーしました。

アメリカに行く用事があり、その手続きのために待つ時間があり

色々なことを考えた結果、20代の時に夢だったけど出来なかったバックパッカーをしよう!

と決意し、1ヶ月と少しですが大きなリュックを背負って行ってまいりました。

 

その時、今まで感じたことのない空気を吸って、景色を見て、肌で感じ、声や音を聴き、現地のものを味わいに味わいました。

もともと、それがテーマの一つでもあったのですが

その旅先で出会った人とこんな会話をしたのです。

「何で、みんな旅が好きなんだろう」

かく言う私もその子もひとり旅。

そんな自分たちの行為について改めて考えてみたのです。

 

よく、映画で「自分探しの旅」と言って、住んでる街を離れたりしますが、

あれは何なんでしょう?

一回冷静になって自分を見つめ直したい、とかそう言うことなんだと思うし

実際それもできると思います。

 

自分のことを誰一人知らない土地に行くと、顕著に自分の性格が出るし

いろんなことを考える時間ができる。

でも、それはひとり旅ならではの話ですよね。

じゃあ、友達や家族、恋人と旅に行くのは?

 

先ほど

「その時、今まで感じたことのない空気を吸って、景色を見て、肌で感じ、声や音を聴き、現地のものを味わいに味わいました。」

と書きました。

 

私はこれなんだなと思うのです。

五感を使うことです。

知らない土地で、今まで感じたことのない空気を吸って、景色を見て、肌で感じ、声や音を聴き、現地のものを味わったこと、ありませんか?

その時って気持ちよくありませんでした?!

 

私は、今もその空間を思い出せるくらい、気持ち良かったし忘れられない出来事ばかりです。

 

今、この瞬間にいると、この五感をフルに使うことができるんです。

 

マインドフルネス(今ここ)ということです。

 

 

そして、これは本来日常でもできるはずなんです。

でも、常に何かを考えている日々。

人間の脳は常に自分と対話しているといいます。

そして、何かに夢中で向上させてやろうと意気込んでいる時は常にそことばっかり考えていませんか?

 

もちろん考えることが悪いことなのではありません。

けれども、実際パフォーマンスする時にまで、それを考えてしまっていては

肝心の目標を達成できません。

 

必要じゃない時に囚われすぎてしまう状態の時に、今に戻っていたい訳で、

それをマインドフルネス筋と私は呼ぶのですが、

必要じゃない時に囚われすぎずに今ここにいる時、

旅で自らやっていたように五感が使えてる状態になるわけなので

今を思いっきり楽しめるということです。

 

もしかしたら、五感を使う、ということ自体ピンとこないかもしれません。

けれども、意識をちょっと向けてみてください。

今、携帯かパソコンの画面を通して見ていると思いますが

手で触れているものの硬さはどれくらいですか?暖かいですか?冷たいですか?

靴下は履いていますか?履いていませんか?足の裏はどんなことを感じていますか?

 

視界にはどんなものが見えていますか?

今、目に入ったものの色はどんな色でしたか?サイズでしたか?

 

などなど

 

意識を向けると意外と色々感じるなーと思いません?

そして、本来、自分がもともと持っている五感の強さを忘れていたとこありませんか?

 

今ここに居られると、旅行など必要ないとまで言われています。

そして、メディテーションは自分探しの旅と言う人もいます。

 

よく、映画などで、自分探しの旅に出て、オチとして

「結局、自分はここにしかいない」と言うパターンがありますが

そう言うことなんですよね。

 

それを気付いた旅だったと言うのは

自分で気付くことだから素敵なことだなと思いますが

 

メディテーションで自分を旅する。

はてはて。

 

面白いお話になってきました。

 

だからと言って

「旅しよう旅しよう」なんてするものではないのですよ。

 

旅している時は

「旅しよう旅しよう」なんて思っていないですからね。

 

ただ、今ここにいる。

 

マインドフルネス・メディテーションをトレーニングしている時にやることは

呼吸に意識を置いて、思考が浮かんできたら、今に戻る

(厳密に言うともう少し細かくありますが)

 

それが自分の思考パターンを知ることに繋がり、自分を知ることに繋がります。

これも、先ほど一人旅のお話として書いたことで、

「自分を見つめ直す」「性格が顕著にでる」と同等かと思います。

だから、メディテーションは自分の旅なんですね。

 

最初にお伝えしたように、物理的に他の場所へ行く旅を人が好むのは

五感を使うからだと言いましたが

それを人は求めているんじゃないかなと思うのです。

 

もともと備わっている機能だから。それが普段は眠ってしまっているから。

旅をして、人は元気になったりしますよね。

「元気」は、

「元々ある気」です。

 

元気な状態が本来のひとなのです!!!!

疲れている状態が常になっていやしませんか?!

 

そんな状態じゃ、パフォーマンスも向上しませんよね。

元気になりましょ!!!!

 

今ここに居て、五感を使い、元気でいましょ!!!!

マインドフルネスは一人旅と一緒やな。

 

 

私は、益々「旅」が好きになりそうです。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
俳優。メディテーター。 本質行動学、認知科学、コーチング論がライフワーク。 映画や舞台観劇、読書のほかに、旅することと、落語や講談を聴くことが好き。 こちらは個人アカウントです。 もしよかったら覗いてみてくださいませ( ͡° ͜ʖ ͡°)
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Mindfulness Meditation × Performer , 2017 All Rights Reserved.