2018/01/02

何もしなくても、もうある

 

この記事を書いている人 - WRITER -
俳優。メディテーター。 本質行動学、認知科学、コーチング論がライフワーク。 映画や舞台観劇、読書のほかに、旅することと、落語や講談を聴くことが好き。 こちらは個人アカウントです。 もしよかったら覗いてみてくださいませ( ͡° ͜ʖ ͡°)
詳しいプロフィールはこちら

メディテーション関連の文献を読んでいると「基本的な善良さ」

って言うことばが出てくるんです。

 

ことばにまつわる文章を読んでいるので、しっくりきているんですが

このことばだけを聞いたとき、どう言う印象を持つのでしょうか。

 

 

今日、こんな話がありました。

 

「何かを習得しようとしているときって、力をぎゅーって入れちゃいがちだよね」

「でも、新しい発見があるときって、力抜いてるときだよね」

 

って。

 

そうなんです。

新しいものをプラスしようプラスしようってなることが多いし

克服しよう、改善しようっていっぱい頑張るんですが

 

ちょっと待って。

 

 

本質的な学びというのは、すでに持っているものにかぶった埃を叩いてあげるお掃除に近いんじゃないかなと思います。

 

生まれたときにもう「ひと」なのだから、何も追加してなくても、もう「ひと」

 

何もない、とか、今まで手に入れてきた技術のことばかり考えがちだけれど

何もしなくても、もう自分はあるのにね。っていうお話。

 

何もしなくても、もうあるじぶんというのは、たぶん見せるのも怖いしさらけ出すのも勇気がいることだと思います

 

いろいろなお面をかぶったり隠したりするのは

生きていく上で重要なことだったりもするんだろうけれど

 

でも、その前にわたしはすでに五感を持っているし五体満足で生まれている

 

癖があるのは、生きてきた証拠でもあるけれど

もし、それが、今得たいものに対して邪魔しているのなら、それはただの後からできたものなので

取っちゃえばいい

 

だって、取ってもそもそももう「ひと」だから死ぬわけじゃ無い。

怖いけど。

でも、死ぬわけじゃ無い。

 

「基本的な善良さ」があると知ってると強いなって思います。

 

ぎゅーって力入れなくていいんだもの。

 

で、そういうときにだいたい得たい技術が手に入るんだよね

これを知っていると、ほんと現実世界で使える。

 

その「基本的な善良さ」も、座っていて気付くことのひとつでして。

 

「いまここ」にいるということは、未来でもなく過去でもない

というか、そうなると「基本的な善良さ」しかないのかな?

 

他の分野でも「already」という考え方の推奨があったんですが

それも近いかなと思います。

 

新しい勉強を始めてテストで100点を取ろうと頑張っていたひとが

60点だったとしても、そもそも受けたことなかったんだから、「もう既に」前に進んでいるという解釈ができます。

そして、そこから、また次のテストで上を目指せばいいだけ。

 

自分を否定する必要はないということです。

 

なんか、どんどん深い話になっていきそうですけれども・・・。

 

ここで、間違えたくないのは「怠ける」という意味ではないということ。

この文章を読んでくれている方は大丈夫だと思いますが、念のため。

 

最近、脳科学系の本を読んでいても思うのですが

確かに、全てが機能なんですよね。

こんなこと言ったら、じゃあなんで生きてんのや!ってなりそうですけど

 

機能だってわかると、結構楽なことって多くて。

あ、わたしのせいじゃなくて人間の本能なんだって。

だから、ここを注意すれば、こうなる、とか解決策が生まれてくるわけですよ。

 

でも、そう考えると、「ひと」ってそもそも、身体と「基本的な善良さ」を持ったただの物体だなーと。

そこから、いろんな個性がプラスされてるんだなと。

 

そうなると!そうなるとですよ!!

 

ほんとに好きなことしたくありません?

 

そもそも身体と良さを持っているんですよ。

 

もっとひとの役に立つこととか、じぶんがどんな使命を持っているのかとかして生きていくって楽しいんじゃないかと思います。

誤解を恐れずに言うならば、何にも気にする必要がないんだから。

 

 

で。

 

ずーっとこうやって考えていられればいいんですけど

日々、いろんなことがやってきますよね

 

それどころじゃないわ!!ってことが。

 

でも、そんなときこそ、マインドフルネス。

 

いまここ。

 

そうやって目標やゴールなどなど掲げた後に、気が逸れたとしても、気付いて戻る。

 

座っていたら、こういう「基本的な善良さ」の再発見もできるし、

こういう考え方もすぐに思い出せるようになるんじゃないかなとは思います。

 

ふと思いますけど

 

 

こういう本質的なことに世の中のひとみんなが目を向けられたら

世界が平和になるのでしょうね。

 

わたしが、映画や本から影響を受けた

「人生は他者だ」という言葉があるんですけど。

 

それにつながるんじゃないかなと思っています。

 

じぶんには身体と「基本的な善良さ」があって、それを信じられて、いまここに居ることができたら

大抵の変な自分ルールは手放せるようになるだろうし

そうしたら他人に動かされるイコール他人の幸せを願うことに繋がっていくのではないかなと

 

なかなか、道のりは長いですけれどね!!!

 

何かの本に書いてありました。

1人が99人の幸せを願えれば、100人みんな幸せだと。

 

そんな日を目指して、今日も使命を持って生きるのもありですな!

そして、そんな日を目指して、こつこつ毎日メディテーションしたいと思いました(*゚.゚)ゞ

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
俳優。メディテーター。 本質行動学、認知科学、コーチング論がライフワーク。 映画や舞台観劇、読書のほかに、旅することと、落語や講談を聴くことが好き。 こちらは個人アカウントです。 もしよかったら覗いてみてくださいませ( ͡° ͜ʖ ͡°)
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Mindfulness Meditation × Performer , 2017 All Rights Reserved.